FC2ブログ

一年ぶりでした

『青衣茗荷の文芸通信』36号ができました。

今回紹介しているのは、
『奥のほそ道』
リチャード・フラナガン/訳:渡辺佐智江 (白水社)
『逃亡派』
オルカ・トカルチュク/訳:小椋彩 (白水社)
201904021649584be.jpeg


『飛ぶ孔雀』山尾悠子 (文藝春秋)
『夜のリフレーン』皆川博子/編:日下三蔵 (角川書店)
『エイリア綺譚集』高原英理 (国書刊行会)
20190402165947dba.jpeg


です。

今週末には、配布店さまに届くはず。

わたしの住む京都嵐山は、まだ寒いです、すげー寒いです。
スポンサーサイト

月橋渡をよろしく

「青衣茗荷の文芸通信」35号ができました。よかった。

紹介している本は、

「FUNGI 菌類小説集 第Ⅰコロニー」
編/オリン・グレイ&シルヴィア・モレーノ=ガルシア 
訳/野村芳夫 (Pヴァイン)
文芸通信35-1_convert_20180412161231


「ワルプルギスの夜 マイリンク幻想小説集」
グスタフ・マイリンク 訳/垂野創一郎 (国書刊行会)
「魔笛」
広瀬大志 (思潮社)
文芸通信35-2_convert_20180412161243

来週には、配布店さまに届くはず。

昨年結婚をし、
大阪から、京都は嵐山へ移り住みました。
新生活にも慣れ、さむいさむいさむい冬も乗り越えました。よかったよかった。



34号でした

「青衣茗荷の文芸通信」34号(2017年7月発行)の紹介です。

「鳥の巣」
シャーリイ・ジャクスン/訳:北川依子(国書刊行会)
文芸通信34-1_convert_20180412161158


「最愛の子ども」松浦理英子(文藝春秋)
「満潮」朝倉かすみ(光文社)
「星の子」今村夏子(朝日新聞出版)
文芸通信34-2_convert_20180412161841


発行してから2週間後、
生まれ住んだ大阪から、離れたのでした。
バタバタした夏だった…

「夏.インストール」完了


「青衣茗荷の文芸通信」33号が出来ました。

紹介しているのは

西崎憲さん編集の文学ムック
「たべるのがおそい vol.1」(書肆侃侃房)
DSCN1567_convert_20160714223002.jpg

「聖女伝説」多和田葉子(ちくま文庫)
「少年聖女」鹿島田真希(『文藝 夏号』収録)
DSCN1566_convert_20160714223042.jpg

原稿を描いているときに、
「たべるのがおそい」に収録されている
今村夏子さんの『あひる』が
芥川賞候補になりました。わーい。うれしい。

夏にしか生きたくないわたしなので、
きょうもあしたもあさっても夏、という日々が
楽しくてしょうがなくてハイボールがおいしい。

そして毎日聴いているよ、
神聖かまってちゃんの新譜「夏.インストール」。

「青衣茗荷の文芸通信」は今週末には
配布店さまに届くはず。

最近はチョロさん推し。

季節がめぐりました。
そして
「青衣茗荷の文芸通信」32号ができました。

紹介しているのは
「GLOBARISE」木下古栗
(河出書房新社『文藝』2015冬号収録)
DSCN1563_convert_20160315182629.jpg
なんと、3月末に書籍化!やった!

ぺろりとひらくと
「ミニチュアの妻」マヌエル・ゴンザレス/訳:藤井光(白水社)
「大いなる不満」セス・フリード/訳:藤井光(新潮社)
DSCN1565_convert_20160315182707.jpg

奇想・奇妙な短篇集は大好物。

今週中には、きっと、配布店さまに届くはず。


プロフィール

aoimyoga

Author:aoimyoga
青衣茗荷(アオイミョウガ)
京都嵐山で「青衣茗荷の文芸通信」というフリーペーパーを発行しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR